給与計算ソフトの役割について

みなさんはご自身の給与明細をじっくりとご覧になったことはありますでしょうか。新入社員の方であれば、はじめは隅から隅までそれをながめて、自分が1か月働いてきた成果を実感する機会になるでしょうけれども、何年も働いているうちにその感覚は薄れ、ほとんど見ずにしまってあるだけというかたも多いのではないでしょうか。

それらの給与明細には、支給の欄と控除の欄がおそらく設けられており、支給側には基本給や超過勤務手当、通勤手当や役職手当などの金額がのっていることでしょう。

一方で、控除の欄を見ると所得税や住民税、健康保険組合への掛け金や社会保険料、いわゆる年金の積立金、そして財形などの項目がならんでいるものと思われます。


しかし、それらの控除の金額というものは毎月違うのではないでしょうか。
おそらく超過勤務手当のない方にとっては、毎月同じような金額が並ぶ項目であると思うのですが、そうでない場合には毎月少しずつ違った金額が記載されます。また、賞与が出た場合にはまた異なった様子がその明細に表れているはずです。

それらの給与計算を人の手に代わって行ってくれるのが、給与計算ソフトです。

これは、細かな計算が必要になる給与処理の大部分を自動化してくれるすぐれたソフトであり、給与計算ソフトがあるからこそみなさんは毎月決まった日に給与を手にすることができるのです。いわば、給与計算ソフトがみなさんの給与支払いを支えているといってもよいでしょう。


Yahoo!知恵袋の情報収集ができます。



給与計算ソフトについて知るならこのサイトです。