img_02

医療レーザー脱毛と毛の生え変わるサイクル

レーザー脱毛をするときには、人間の毛周期に合わせて施術をしていきます。

レーザー脱毛をするのは、毛が成長期に当たるゾーンになります。

成長期というのは、新しくうぶ毛が生えてきて、その毛が元気に成長していくための期間になります。
この時期のムダ毛は、メラニンをたっぷりと含んでいます。医療レーザー脱毛でのレーザーは、まさにこの成長期のムダ毛に、しっかりと反応して、脱毛の効果を発揮していきます。

大阪の医療レーザー脱毛に関する有益な情報をご紹介いたします。

成長期が終わったらやってくるのが、退行期になります。


元気に成長していたムダ毛の成長はストップします。

そして、ムダ毛が抜け落ちるための、準備の期間になります。

この時期はメラニン量が、とても少ないです。
そのため、レーザー照射をしても、あまり反応しない時期になります。


退行期のあとでやってくるのが、休止期になります。

ムダ毛もなく、毛根自体がお休みに入っている期間になります。

黒いメラニン色素もありませんから、レーザー脱毛の照射をしても、反応がない時期です。ですから、自分の毛周期を理解しておくことは大事ですし、1番レーザーが反応しやすい、成長期の毛に照射していくことも、とても重要なポイントとなるのです。


ムダ毛といっても、1本1本の毛周期には違いがあります。


全部の毛の生え変わる周期が、すべて同じ周期だった場合、いちどに生えて同時に抜け落ちるといった事になりますが、そうなれば大変です。



そうならないためにも、毛には毛周期があるのです。

だいたい1年くらいかけて、毛というのは生えかわりを行っています。